努力値とは?

ポケットモンスター赤緑青ピカチュウでは、倒したポケモンの種族値がそのまま努力値として入ります。
努力値は経験値と同じようなもので、一定の数値まで貯めると努力レベルが上がります。
努力レベルが上がったタイミングで、ポケモンのステータスも上がりますが、努力値努力レベルは隠しステータスの為、現在どのくらい稼いでいるの見えないため、混乱する要素の一つとなっています。
努力レベルの最大値は63で、それには63,002努力値が必要となります。

例えば、オニスズメを倒した場合に獲得できる種族値は以下の値です。
(種族値は、各ポケモンの詳細ページで確認できます。)

HP
40
攻撃
60
防御
30
素早さ
70
特殊
31

HPの努力レベルを63にするためには、63,002の種族値が必要ですので、オニスズメを1,576回倒す必要があります。(40×1576=63040で、63,002を超える)
同様の計算で、攻撃は1,051回、防御は2,101回、素早さは901回、特殊は2,032回となります。
このうち、最も戦闘回数が必要なのが防御の2,101回なので、オニスズメを2,101回倒すと、全てのステータスの努力レベルが63になります。

このような感じで、計算することが可能です。
レベル100のポケモンで対戦するのであれば、ひたすらと戦闘を重ねて努力値を稼いでいけばいいのですが、「レベル50のポケモンで対戦」のようなルールがある場合は注意が必要です。
レベル50に上がるまでに、なるべく努力値を稼がなくてはなりません。

努力値を稼ぐのに適しているポケモンとしてニドラン♂をオススメします。
ニドラン♂は、種族値が40~57で、全てのステータスが平均的になっています。
そのため、「HPだけを稼ぎすぎて特殊が低いまま」という状況が起きにくいです。

ドーピングアイテムについて

ポケモン内ではドーピングアイテムと呼ばれるアイテムが存在します。
タウリンブロムヘキシンリゾチウムインドメタシンマックスアップの5種類がドーピングアイテムです。
ゲーム中に使っても、効果音がするだけで効果がよくわからないと思います。

これは使うと、対応したステータスの努力値2,560上がるアイテムです。
また、使用回数に制限があり、対応したステータスが25,999以下の場合しか使えません。
ですので、最高でも10回しか使用することができないし、途中まで育てたポケモンだと、既に努力値をある程度稼いでいるはずなので、数回しか使えないはずです。
対戦ルールのレベル制限が低い場合、特に「レベル30以下のポケモンのみ」のように極端にルールが厳しい場合、ドーピングアイテムを使うことによって、低いレベルのまま、高い努力値努力レベルにすることが可能です。

ただし、販売価格が高いため入手は非常に困難です。
ゲーム中に落ちているアイテムでも数個は入手できますので、ご利用は計画的に。

スポンサーリンク